トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店

白ねぎ

豊後高田市呉崎地区から西真玉地区に続く干拓地に入ると見渡す限りのねぎの風景が広がる。江戸時代と昭和時代に海を埋め立てて造成された砂地土壌の干拓地。温暖な気候と干拓地という立地を利用して本格的な栽培が始まった。
いろいろな種類の野菜が栽培されたが、その中で一番適していたのねぎ。昭和42年には秋冬ねぎの国の指定産地にもなり、次第に市場評価も高まり、作付面積も年々増加していった。ミネラルたっぷりの砂地土壌で栽培された甘いねぎ。現在(平成26年2月時点)、大分県はねぎ類で西日本1位の産地となっている。
実力の品
実力の品
美力の人
美力の人
魅力の地
魅力の地


Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0