トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
大分県のイチオシ産品豊の活ぶり 実力の品
大分県のイチオシ産品豊の活ぶり 実力の品 大分県産のブリとは 成長するにつれて呼び名が変わる“出世魚”で、縁起ものとしてお祝い事にも欠かせないブリ。大分県ではブリの養殖が盛んで、全国3位の生産量を誇っています。臼杵市や津久見市、佐伯市で生産されるブリは、豊後水道の恵まれた環境で育てられ、身がしまって脂ののりが良いといわれています。すでに「豊の活ぶり」として全国で売り出されていますが、旬を迎える冬限定で2010年から生産を始めたのが「かぼすブリ」です。 大分県銘産のかぼすを餌に混ぜて育てることで、「さっぱり」「香りよく」「血合いが鮮やか」と、3拍子そろったおいしさに。血合いについては、通常の餌を与えた養殖ブリより最大で40時間鮮やかな状態が継続し、気品のあるさっぱりとした脂はいくらでも食べられると好評です。

【主な産地】:臼杵市、津久見市、佐伯市
【出荷時期】:11月~3月
美力の人
美力の人
魅力の地
魅力の地
詳細はコチラ
詳細はコチラ

美味しいブリの食べ方・レシピ
ブリのあつめし
ブリのあつめし

【材料(2人分)】
ブリの切り身…適量
醤油、酒…各1/2カップ
みりん…大さじ2
砂糖…大さじ2
すりゴマ、ねぎ…お好みで

【作り方】

  • ブリの切り身を食べやすい大きさに切る。
  • 1を酒に浸けて数時間置く。
  • 醤油、砂糖、酒(大さじ3)、みりん、すりゴマの他、好みでねぎを混ぜ合わせたタレに2を浸け込む。
  • 3を熱々のご飯にのせて豪快にいただく。

ブリの豆知識
栄養素
生活習慣病の予防、脳の発育に効果的なDHA、EPAが含まれています。とくに脂がのる冬は、その数が多くなると言われています。
出世魚と呼ばれるのは?
成長とともに、名前が変わる魚を「出世魚」と呼びますが、ブリもその一つです。地方によって呼び名は変わり、九州地方ではワカナゴ→ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリ→オオウオという風に“出世”していきます。
保存法
新鮮なうちに刺身で食べたいブリですが、例えば1匹買ってしまうと一般家庭では身があまってしまいますよね。ただし、醤油とみりんに漬けて「てりやき」用に、塩を揉み込んで「塩焼き」用にして冷蔵庫で保存しておけば、下味もしっかりしみ込んで長く保存もできます。


Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0