トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店

「大分の食彩を使ったご自慢レシピ」はこちらのページに移動しました。
ブックマーク、お気に入りを行っていましたらURLの変更をお願いします。

大分の食材を使ったご自慢レシピ

レシピ一覧

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
椎茸・若布の佃煮
椎茸がたくさん出回るようになりました。道の駅「ひぐらし茶屋(今市)」で買ったお買い得品のころころ椎茸と国東茎わかめを使って佃煮を作ってみました。
海鮮ごま酢かけ♪

かぼす果汁でレシピを♪

ごま酢に使用しました!
<ごま酢材料>
・グリーンかぼす果汁 小さじ2
・ねりごま 大さじ1
・昆布小さじ1/2
・づけ汁 大さじ1
<づけの材料>
・刺身 1パック
・しょうゆ 大さじ3
・みりん 大さじ2
・昆布小さじ1
きゅうり、トマト 適宜
<作り方>
1、づけは 2時間くらい(半日つけてもOK)漬けておく。きゅうりは斜め薄切り ミニトマトは半分にきる。
2、ごま酢の材料を合わせておく。器に材料を盛りつけ ごま酢をかける。

☆かぼす果汁のさわやかな酸味が刺身のづけと相性バツグンでした♪

画像は ブログに添付してます。

https://kitchen-usako.com/



レンジDEかぼす蒸しパン
かぼす果汁入り蒸しパン(^O^)/ 果汁は完熟黄色カボス果汁を使用♪
先程のごま酢には グリーンカボス果汁を使ってます♪

カボスの香がただよう蒸しパン(^O^) お手軽にできるようにレンジで作りましたよ!

<材料>
・薄力粉 120g
・ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
・完熟黄色カボス果汁 50cc
・砂糖 60~80g
・卵 1個

<作り方>
1、粉類は 混ぜ合わせてふるっておく。
2、ボールに砂糖と卵をいれて 泡立て器で よく混ぜ合わせる。混ざったら、カボス果汁を加えて、粉類を混ぜ合わせ、粉っぽさがなくなるまで よく混ぜる。

3、型の半分くらいまで生地を流し入れ、レンジのターンテーブルの外側に等間隔で並べ、全体に ふんわりとラップをかけて、レンジ600wで2分加熱する。できた生地に竹ぐし または ようじをさし、なまっぽい生地がくっつかなければ完成(^O^)/ 生っぽい生地がついてくるようであれば、ラップをして、さらに30秒かけてみる。

カボスの優しい風味♪お子さんのおやつとしても(^O^)

画像はブログにて♪


https://kitchen-usako.com/

レンジDEかぼす蒸しパン
材料に
サラダ油 小さじ2を追加!

加えるのは 粉っぽさがなくなったあと 仕上げに加えて混ぜる。
男の料理第1弾!玉子かけごはん
手の込んだ料理はよう作らんので「男の料理」シリーズで行きます。
まず第1弾は「玉子かけごはん」です。
レシピというほどのものはなく、普段食べる玉子かけごはんに「グリーンかぼすの果汁」をかけます。醤油は少し多い目の方が、風味もさっぱりとした味わいも引き立って美味しく頂きました。

ちなみにその後で食べたとんこつラーメンにも入れてみたところ「タイ風とんこつラーメン」に早変わりして、これもまた美味しかったです。
男の料理第2弾「厚揚げと菜っぱの炊いたん」
男の料理第2弾「厚揚げと菜っぱの炊いたん」です。
ドコが男の料理かと言うと、嫁はんの作ったおかずに手を加えたからです。

厚揚げと菜っぱを鰹だしと醤油で炊き、塩を少し入れます。塩と醤油は薄味にするのがコツです。
そこへ「グリーンかぼすの果汁」(一皿にティースプーン1杯程度)を入れると、味の輪郭がはっきりして来て、風味も味も引き立ちます。

塩分を控えめにせなあかん方には、かぼすの果汁は、心強い味方ですよ。

ちなみにこのおかずと一緒に芋焼酎のお湯割りにも「グリーンかぼすの果汁」を入れて呑みました。
画像・男の料理第2弾「厚揚げと菜っぱの炊いたん」
せっかく写真撮ったのに画像の添付を忘れてたので、はっつけます。呑むとついつい。
プチ春巻きとはりはり風
プチ春巻
 <材料>  ジャガイモ 中2個
       人参    少々
       玉葱    1/4 程度
       白葱    1/2 本
       春巻きの皮 4枚
 <作り方>
   1、ジャガイモはゆでつぶしておく。
   2、人参、玉葱はみじんにしレンジで柔ら
かにする。(むろん炒めても良い)
   3、白葱は1/4に縦に切る。
   4、春巻きの皮は1/4にする。
   5、皮に入る程度のせ巻く。白葱は皮の長さ合わせ切り巻く。
   6、高温でさっときつね色に揚げる、
   7、カボス酢と醤油同量に混ぜて、好みで練 からしでいただく、
即席はりはり風
 <作り方>
    沢庵をいちょう切りにし、醤油、酒、かぼす酢、七味とうがらしに付ける。10分もすれば美味しくなる。沢庵の塩加減で調味料も調整する。

    2品ともカボス酢はグリーンかボス果汁をつかいました。さっぱりして合います。
      
男の料理番外編 甘~いプリンが大変身! 
男の料理番外編です。
おやつのプリン、親父の分も買ってありました。
自家製ではなく、市販の「でっかい系」のプリンです。

せっかくなのでよばれましたが、ちょっと甘い。いや
わたくしにはだいぶ甘いよ。

其処で閃いてかぼす果汁をトッピングしたところ・・・
さっぱりとした甘さに大変身!適度な酸味も
相まって美味しいです。これ、一度お試し下さい。

半分ぐらいまでオリジナルの甘さを堪能して、途中から
さっぱり味を楽しむという手もありですね。
えびとアボガドの和えもの
(材料)2人分

  むきえび・・・15~16尾(お好みで)
  アボガド・・・1個
  かぼす果汁・・大1~2(お好みで)
  醤油・・・・・大1
  わさび・・・・少々

 *むきえびを湯で、アボガドを縦にぐるりと切り目をいれ 両手で左右にねじって半分にし、種を取る。
さらに、中身をくりぬいて 1.5センチぐらいに切り
1/4量は つぶしてなめらかにする。
つぶしたアボガドに かぼす果汁と醤油 わさびを混ぜ
えびと角切りアボガドを 和える。
アボガドの器に入れれば、おしゃれな一品に・・・
お酒のつまみにも・・・




«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • theoitaをフォローしましょう
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0