トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
フェリーさんふらわあで「大分ご当地グルメ」フェア! 2014年01月31日 09:07 カテゴリ:イベント | | 編集
タグ: / / / /



フェリーさんふらわあ (神戸⇔大分航路)で、大分県の「食」の魅力を楽しむチャンスです!











フェリーさんふらわあの「さんふらわ ごーるど」、「さんふらわあ ぱーる」の船内レストランで、2014年1月31日(金)~3月2日(日)の期間中、大分県産品を使用したご当地グルメが食べられます。










■開催期間
 2014年1月31日(金)~3月2日(日)


■開催場所
 神戸⇔大分航路「さんふらわあ ごーるど」および「さんふらわあ ぱーる」船内レストランにて


■日替わりで登場するメニュー


○かぼすブリ
銘産の「大分かぼす」を餌に混ぜて育てた「かぼすブリ」。
特徴は、「さっぱり」「香よく」「鮮やか」三拍子そろった旨さ。気品のあるさっぱりとした脂はいくらでも食べられます。


○りゅうきゅう
刺身とはひとあじ違うトロリとした食感。新鮮な魚を醤油や生姜・胡麻で味付けした「りゅうきゅう」は大分の郷土料理。 お酒のあてに、ご飯のお共に最適。今回は、「かぼすブリ」を漬込みました。


○ごまだしうどん
魚の身・胡麻をすりつぶして醤油等で味付けした佐伯市の調味料「ごまだし」を使った「ごまだしうどん」は、農林水産省主催による、郷土料理をテーマとしたイベントである「農山漁村の郷土料理百選」に選定されています。


○冠地どり とり天
大分を代表する名物料理。とり肉は、日本で初めて烏骨鶏を交配した大分の地鶏です。ほどよい弾力と旨みをお楽しみください。


○ひじきめし
国東の海で採れた芽ひじきを丁寧に煮込みました。炊き込みではなく、混ぜご飯です。ほのかな甘味で、ほっとするようなやさしい味わいです。


○冠地どり とりめし
素朴でなつかしいおふくろの味として親しまれてきたとりめしは、地どりのうま味とごぼうの風味がうまく混ざり合い、最高の逸品です。


○椎茸めし
佐伯産の干し椎茸のみを使用。しっかりとした味付けがおいしい、ふるさとの味と風味豊かな香りをお楽しみください。


○宇佐からあげ
九州産の若鶏を宇佐の「からあげ悠」の秘伝ダレに漬けこみ、寝かせる事により熟成させた、ぷりぷりの食感とジューシーなおいしさをお楽しみください。


○だんご汁
大分県人なら知らない人はいない、郷土料理。小麦粉を捏ね、帯状にのばしただんごを、野菜と味噌で仕上げた、とっても素朴なやさしい味です。





(かぼす・大分味一ねぎ・吉四六漬)

■かぼす・・・言わずとしれた、大分県の特産果物。主に、お料理の香りと風味を引き立てる調味料として重宝します。だんご汁や揚げ物などに絞ってかけてお楽しみください。


■大分味一ねぎ・・・柔らかすぎず硬すぎず、バランスのとれた食感のねぎ。刻んだ時の「シャキッ、シャキッ」という飛び跳ねるような弾力が特徴です。


■吉四六漬・・・玖珠町で製造されています。大根や人参などの根菜を、独自のもろみみそに漬け込んだ一品です。


上記の中から、日替わりで登場いたします。品切れの際はご了承ください。








船内レストランで、大分県の「味力(みりょく)」を存分にご堪能し、本場の「食」をご満喫ください。



詳しくはさんふらわあHPにて
http://www.ferry-sunflower.co.jp/fs-topics/detail/20140123.html





あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0