トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
かぼすブリ 2018年11月09日 17:51 カテゴリ:水産 | | 編集
タグ: /
毎週第4金曜日は『県産魚の日』です。先月の『県産魚の日』10月26日(金)に『かぼすブリ』の旬入り宣言式が行われ、『かぼすブリ』はただいま旬真っ盛りです!



豊後水道の恵まれた環境で、大分の養殖ブリは大分の特産品である『かぼす』を食べて育っています。臼杵市や津久見市、佐伯市などが主な産地で、大分県の養殖ブリは全国第2位の生産量を誇ります。





ブリはヒラマサやカンパチに比べると血合い部分の変色が早くなってしまうことが課題となっていましたが、抗酸化作用を持つポリフェノールやビタミンCを含むかぼすを餌に混ぜて与えることで、見た目も美しく、ほのかにかぼすの香りがする『かぼすブリ』が開発されました。



生産ロットごとに県農林水産研究指導センター水産研究部でかぼすの効果が出ているか確認したのちに出荷しており、色変わりがしにくいことや食べやすさなど、市場での評価も高いです!




また、大阪市の調理師専門学校にて調理師を目指す生徒たちに「かぼすブリ」を使った調理実習を開催するなど、より良い食材を開発する産地の取り組みをPRしています。

刺身や握り寿司はもちろん、照り焼き、煮物と幅広い料理で楽しめます。
3月中旬頃まで出荷されますので、大分のブランド活魚『かぼすブリ』を是非ご賞味下さい!!

あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0