トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
大分かぼすは周年供給をしています 2016年11月11日 08:56 カテゴリ:果物 | | 編集
タグ: /
最近、朝晩は冷えるようになりましたね。

さて、今日は、大分の顔とも言える品目「大分かぼす」のご紹介です。

ご存知の方も多いと思いますが、3月から翌年の2月まで、ハウス→露地→貯蔵とリレー出荷を行い、緑色のかぼすの周年供給を行っています。 ハウス栽培のかぼすは、3月から8月上旬まで。
露地かぼすは、8月中旬から10月上旬まで。
その後は、2月までが貯蔵かぼすとなります。

9月中に収穫された緑色のかぼすは、特別な処理がなされた後、貯蔵庫に運び込まれます。
長期間の貯蔵に耐えられるような、品質のよいかぼすが選別されます。



こちらが貯蔵庫の中の様子です。


皆さん知っていますか?かぼすの中にも、長期間の貯蔵に耐えられるような品種があるんですよ。
そういった品種を使い分けて、周年出荷体制を実現しているのです。


貯蔵されたかぼすは、注文に応じて、関東、関西、九州地域などの市場に出荷されていきます。


ちなみにこの写真は、市場に並ぶ大分かぼすの様子です。


こうして、大分かぼすは、全国各地の量販店や百貨店の青果コーナーに運ばれていきます。


この時期は、お店で緑色のかぼすを見つけたら、「これは、特別なかぼすなんだね」と思ってください。

これからの寒い時期は、鍋物などに搾って使うととっても美味しいです!
お味噌汁に搾るのもオススメの使い方!


是非、冬場も大分で周年供給しているかぼすのご愛顧をお願いします。

あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0