トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
フラワーバレンタイン 2018年02月07日 08:49 カテゴリ:花卉 | | 編集
タグ: / / /
もうすぐバレンタインですね。2月14日バレンタインデーは日本では女性が男性にチョコレートを送るというイメージが強いですが、欧米など世界では「男女がお互いの愛や感謝を伝え合う日」として男性から女性に花を贈る国も多く、世界で最も花が贈られている日でもあります。


 この時期に咲く花はたくさんありますが、大分で育てられた花を贈ってみてはいかがでしょうか。


 晩秋から春先まで咲くスイートピーは、佐伯市や豊後大野市、豊後高田市などで育てられ、大分県のスイートピー生産量は全国2位を誇ります。
 やわらかく、ほがらかな印象でありながら、日持ちの良さは抜群で長い間、部屋を明るく演出してくれます。

 今年の2月に大分県内のスイートピーは適切な環境と管理によって、「花き日持ち品質管理認証」を取得し、より良い花をお届けできるよう努力しています。




 定番のバラは、大分県では玖珠町などで育てられており、(有)メルヘンローズではMシリーズと言われるオリジナル品種を中心に生産されています。
 高標高地で栽培されるこのバラは、普通のバラよりも見た目や花型が変わっています。

 約60種類育種され、また、農薬や肥料など5つの環境負担要素の分別について登録・審査し、認証を取得した「MPS(花き産業総合認証)のお花」です。




 トルコギキョウは佐伯市や玖珠町、杵築市、竹田市などで栽培され、華やかでありつつ上品さを併せ持ち、花持ちもよく、種類も豊富なことで人気です。


 甘いお菓子とあわせて、花も一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0