トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
やわらかい初夏の赤ちゃん栗 2009年07月14日 10:47 カテゴリ:野菜 | | 編集
タグ: / /

天気予報を見ていると、最高気温や最低気温を記録する地名で佐伯市宇目町という名が登場します。今の時期、お盆向けのホウズキの産地としても有名ですが、糖度の高い大きな栗が実る地でもあることをご存知ですか?

大分県は栗の栽培面積が全国でも上位。
特に佐伯市や豊後大野市などの山間部を中心に栽培されています。
そんな宇目町にある地窯パンの店・杜のTshopの駐車場に植えている栗が、小さな実をつけていました。秋に見られるイガイガのとげとは違い、今はなんともやわらかで、かわいいんです。

「The・おおいた」では、これからもまだまだたくさんの大分県産品を紹介していきますのでチェックしてくださいね☆

あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0