トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
アンテナ店第2弾は新宿の洒落た居酒屋「ちかっぱ」 2010年11月05日 17:37 カテゴリ:水産 | | 編集
タグ:

 今年度から開始した県産水産物等をPRするためのアンテナ機能店(居酒屋)のお知らせです。大阪市北区「矢乃」に続く第二弾として東京 新宿の九州のお取り寄せキッチン ちかっぱ 新宿大分フェアの協力が得られることとなりました。

店舗は東京のど真ん中JR新宿駅の東南口から徒歩1分にビルの5階にあります。
店名の通り九州の食材を直接、取り寄せて「逸品」を提供している店内にはカウンター席や個室など全部で150席が用意されています。


店内では料理ばかりでなく、醤油や塩の調味料、かぼすや柚を使った香辛料、そしてラーメンまで様々な県産品が飾られています。さらには県物産協会からお借りした民芸品も並んで「大分県」をPRしています。(右端は料理長さん)


さらに漁協等から拝借した関あじ関さばの法被、大漁旗、ポスター等も飾られ雰囲気を盛り上げています。


大分から取り寄せた関あじ、関さば、いさきの「関の刺身三種盛り(晩秋盛り)」(写真は2人前で1,880円)は、厚く切って独特のモチモチ感が充分です。
料理長、曰く「関の刺身三種盛りがウケてますが利益はほとんどなしです」..その他、料理長が大分でその味を確かめた逸品「あつめし」(880円)なども東京のみなさんに提供しています。


もちろん魚以外も豊後牛とネギの「釜炊きしゃぶしゃぶ」(880円)、ブランド豚を「桜王とジャンボ椎茸のステーキ」(850円)、「鶏のから揚げ」(650円)、「とり天」(800円)などのグランドメニューを用意して大分フェアを11/30まで開催しています。


場所は「新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル5F」(電話03-6380-5346)で営業時間は17:00~24:00(L.O.23:00)です。是非、期間中に東京のお知り合いにお知らせいただいたり、仕事で上京の際に寄っていただいたりしていただきたいと思います。なお、ご来店の際には「大分フェアアンケート」にもご協力ください

大きな地図で見る

あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0