トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
とよの食彩愛用店 レシピの検索結果
令和元年度 夏のおおいた地産地消キャンペーン 2019年06月27日 10時12分19秒 カテゴリ:地産地消イベント | 0 コメント | 編集
タグ:

大分県の代表的な夏野菜が旬を迎える時期に、県民が県産農林水産物に触れ、改めて本県の自然、文化、農林水産業を意識する機会を提供するとともに、生産者と消費者が一体となって地産地消を進めるため、下記のとおりキャンペーンを実施しますので、お知らせします。

1.実施主体

大分県、JAグループ、大分県青果物卸売市場連合会、大分県青果小売商業協同組合連合会、市町村教育委員会、ハウス食品株式会社、カゴメ株式会社、キューピー株式会社、味の素株式会社、とよの食彩愛用店・ビストロおおいた認定店・直売所、「The・おおいた」ブランド流通対策本部、大分県豊後牛流通促進対策協議会 等

2.実施期間

令和元年7月1日(月)~7月31日(水)

3.実施内容

(1)教育機関や民間企業との連携による地産地消意識の醸成

○学校給食地産地消夏野菜カレーの日の実施

県内小・中学校及び一部県立校において、県産夏野菜等(トマト、ピーマン、ナス、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、カボチャなど)を使用したカレーを給食で提供する。

期 間
令和元年7月4日~7月19日のいずれかの日
実施校
18市町村435校

○「次世代応援 地産地消商品開発コンテスト」の地産地消レシピの募集

若年層の地産地消意識の醸成のため、県内高校生や大学生等を対象に県産食材を活用した地産地消開発商品コンテストのレシピを募集する。

協働コンビニエンスストア
株式会社ローソン
募集期間
令和元年7月1日(月)~9月10日(火)
応募対象
大分県内の高校生、大学生、専門学校生
募集部門
おやつにピッタリ! スイーツの部
朝食にピッタリ! おにぎりの部
詳細はこちら
募集要領
応募用紙はこちら
応募用紙

(2)大手食品メーカーと連携した県産夏野菜の県内消費拡大

○大分県野菜を活用したレシピの紹介(7月)

大手食品メーカ-が提案する県産夏野菜等(トマト、ピーマン、ニラ、カボス、干し椎茸、もやし等)を使用した地産地消応援レシピをHPで紹介し、県内消費を推進する。
(地産地消応援メニュー)

ハウス食品株式会社 パクっとひと口!カラフル夏カレー レシピはこちら
カゴメ株式会社 大分ラタトゥイユ かぼす レシピはこちら
大分ラタトゥイユ 乾しいたけ レシピはこちら
ドイツ風パンケーキ~大分県産野菜のトマトソース~ レシピはこちら
キューピー株式会社 鶏肉としいたけのバジルソテー レシピはこちら
にらともやしと豚肉の黒酢炒め レシピはこちら
簡単!トマトのマリネ レシピはこちら
味の素株式会社 やみつき!無限ピーマン レシピはこちら
トマトと夏野菜のみそ汁 レシピはこちら
ゴーヤチャンプルー レシピはこちら

(3)県関係各課に関連した地産地消の取り組み

※詳細は関係各課にお問い合わせください。

○ラクビーワールドカップ来県者をおもてなし!
 高級老舗フルーツ専門店「新宿高野」による
 かぼすスイーツ&県産フルーツカッティングセミナー in大分
 (おおいたブランド推進課)

飲食店やスイーツ店を対象に、かぼすを使ったスイーツの提案や県産フルーツのカッティング技術の伝授を行い、かぼすや県産フルーツを使用したスイーツを展開しラグビーワールドカップでの来県者をおもてなしする体制を整える。
また、かぼすや県産フルーツの地元需要の拡大を図る。

期間
令和元年7月2日(火) 13:30~16:00
場所
ホルトホール大分キッチンスタジオ
※応募は終了しています。

○おおいた和牛夏のごほうびキャンペーンにおける 「おおいた和牛」親子向けバスツアーへの応募者募集(畜産振興課)

県民に親しまれる「おおいた和牛」を目指し、大分県豊後牛流通促進対策協議会と連携して、生産現場への理解醸成を図るため、県内認定小売店でツアーのチラシや応募ハガキを設置し、親子バスツアー参加者を募集する。
同時に、「おおいた和牛」があたるキャンペーンも実施する。

キャンペーン期間
令和元年7月1日(月)~7月31日(水)
バスツアー開催日
令和元年8月20日(火)(予定)
応募方法
トキハインダストリー、マルショク等小売店(おおいた和牛取扱店会員126店舗)にある応募ハガキを記載・郵送

(4)その他

とよの食彩愛用店・ビストロおおいた認定店・直売所等における地産地消メニュー・商品の提供

期間中、幟を設置し普及啓発をするとともに、地産地消商品を提供している。

とよの食彩愛用店HP
https://theoita.com/syokusaiAiyou
ビストロおおいた認定店HP (新規)
https://theoita.com/bistro
問い合わせ先
農林水産部地域農業振興課
地域農業班
担当 占部・冨満
電話
097-506-3589 内線3589
平成30年度 夏のおおいた地産地消キャンペーンについて 2018年06月27日 10時27分29秒 カテゴリ:地産地消イベント | 0 コメント | 編集
タグ:

大分県の代表的な夏野菜が旬を迎える時期に、県民が県産農林水産物に触れ、改めて本県の自然、文化、農林水産業を意識する機会を提供するとともに、生産者と消費者が一体となって地産地消を進めるため、下記のとおりキャンペーンを実施しますので、お知らせします。

1.実施主体

大分県、JAグループ、大分県青果物卸売市場連合会、大分県青果小売商業協同組 合連合会、市町村教育委員会、ハウス食品株式会社、カゴメ株式会社、キユーピー株式会社、味の素株式会社、量販店・とよの食彩愛用店・直売所、「The・おおいた」ブランド流通対策本部 等

2.実施期間

平成30年7月1日(日)~7月31日(火)

3.実施内容

(1)教育機関や民間企業との連携による地産地消意識の醸成

学校給食地産地消夏野菜カレーの日の実施

(7/9~7/20のいずれかの日)
県内小・中学校及び一部県立校(18市町村計445校)において、県産夏野菜等を使用したカレーを給食で提供

大手コンビニエンスストアとの協働による県産食材を活用した商品開発

「次世代応援 地産地消商品開発コンテスト」の実施

協働コンビニエンスストア:株式会社ローソン
募集期間:7/2(月)~9/10(月)
応募対象:大分県内の高校生、大学生、専門学校生
募集部門:スイーツの部、お弁当の部(丼、チャーハン等を含む)

詳細はこちら

応募用紙はこちら

(2)大手食品メーカーと連携した県産夏野菜の県内消費拡大

量販店における試食宣伝(7月~8月予定)

県内量販店で、ハウス食品株式会社、カゴメ株式会社、キユーピー株式会社、味の素株式会社が提案する県産夏野菜を使用した地産地消応援メニューの試食宣伝、レシピ配布等を行うことにより、県内消費を推進

地産地消応援メニュー

ハウス食品株式会社 ピーマンとしいたけとパプリカのカレー レシピはこちら
カゴメ株式会社 野菜たっぷりケークサレ レシピはこちら
トマトケチャップで減塩!うま塩酢豚 レシピはこちら
トマトケチャップで減塩!うま塩筑前煮 レシピはこちら
キューピー株式会社 ピーマンと豚肉の黒酢炒め レシピはこちら
ゴーヤーとトマトとツナのサラダそうめん レシピはこちら
豚肉となすの炒めサラダ レシピはこちら
味の素株式会社 豚バラピーマン レシピはこちら
豚バラなす レシピはこちら
丸鶏ふわ玉トマトスープ レシピはこちら

(3)大分市公設卸売市場や県庁レストランでの取り組み

市民感謝デー(一般開放日)における試食宣伝

日時:7月14日(土)9時~
場所:大分市公設卸売市場
内容:市民を対象に「ピーマンとしいたけとパプリカのカレー」の試食宣伝を実施(ハウス食品(株)・JAグループ等協力)

※準備したカレーがなくなり次第終了

レストランぶんご(県庁舎新館13階)での地産地消メニューの提供

期間:7月17日(火)~20日(金)
内容:大分県産ジビエ(イノシシ)を使った「キーマカレー」や、ケチャップを使った減塩メニュー「うま塩団子汁」など、大手食品メーカー地産地消応援メニューを上記期間提供するとともに、日替わりで、県産鶏肉等を使用した「うま塩筑前煮」(17日)、九重夢ポークや県産野菜を使った「スペアリブの根菜煮」(18日)、県産ジビエとトマトを使った「イノシシのトマトソースのハンバーグ」(19日)、県産豚肉とニラを使った「ニラ豚」(20日)など、県産食材メニューをランチバイキング(大人750円)で提供する。

(4)その他

とよの食彩愛用店・直売所等における地産地消キャンペーン

期間中、幟を設置し普及啓発をするとともに、地産地消商品を提供

問い合わせ先

農林水産部地域農業振興課
地域農業班:担当 占部、平川
電話:097-506-3589
内線3589
平成29年度 夏のおおいた地産地消キャンペーンについて 2017年07月06日 15時31分50秒 カテゴリ:地産地消イベント | 0 コメント | 編集
タグ:
地産地消キャンペーン(2016年7月)は終了しました。
次回をお楽しみに!!
地産地消
 大分県の代表的な夏野菜が旬を迎える時期に、県民が県産農林水産物に触れ、改めて本県の自然、文化、農林水産業を意識する機会を提供するとともに、生産者と消費者が一体となって地産地消を進めるため、下記のとおりキャンペーンを実施します。

1.実施主体

大分県、JAグループ、大分県青果物卸売市場連合会、大分県青果小売商業協同組合連合会、市町村教育委員会、ハウス食品(株)、カゴメ(株)、量販店・とよの食彩愛用店・直売所 等

2.実施期間

平成28年7月1日(金)~7月31日(日)

3.実施内容

(1) 大手食品メーカーと連携した県産夏野菜の県内消費拡大

○量販店における試食宣伝(7/3~8/6予定)
県内量販店で、ハウス食品(株)、カゴメ(株)が提案する県産夏野菜を使用した地産地消応援メニューの試食宣伝、レシピ配布等を行うことにより、県内消費を推進

ハウス応援メニュー詳細はこちら
カゴメ応援メニュー詳細はこちら
 

(2)教育機関や民間企業との連携による地産地消意識の醸成

  • ①学校給食地産地消夏野菜カレーの日の実施

    (7/11~7/20の間のいずれかの日)
     すべての市町村小中学校及び一部県立校において、県産夏野菜等を使用したカレーを提供

     
  • ②大手コンビニエンスストアとの協働による県産食材を活用した商品開発

    ○「次世代応援 地産地消商品開発コンテスト」の実施
    協働コニビニエンスストア:株式会社ローソン
    募集時期:6/27(月)~9/16(金)
    応募対象:大分県内の高校生、大学生、専門学校生
    募集部門:スイーツの部、ベーカリーの部

     
  • ③企画提案型の地産地消イベントの募集

     NPO法人や民間企業を対象に、地産地消イベントの受託業者をコンペ方式により募集
    募集時期:6/27(月)~8/5(金)
    対象事業:平成28年10月1日(土)~12月25日(日)までに開催される地産地消イベント
    ※募集要項等詳細については、県庁HPに掲載

(3)とよの食彩愛用店における県産食材を使用した新メニュー募集

  • ○県産食材を積極的に使用したメニューを提供する「とよの食彩愛用店」(大分県内400店舗)から新メニューの募集を行い、「The・おおいた」HPや地元情報誌等 に掲載
  • (4)大分市公設卸売市場や県庁レストラン、大分農業文化公園での取り組み

    ①市民感謝デー(一般開放日)における試食宣伝
    日時:7月9日(土)9時~11時
    場所:大分市公設卸売市場
    内容:市民を対象に「大分県産トマトとピーマンのカレー」の試食宣伝を実施
    (ハウス食品(株)・JAグループ等協力)
    ※準備したカレーがなくなり次第終了
    ②レストランぶんご(県庁舎新館13階)での地産地消メニューの提供 期間:7月11日(月)~15日(金)
    内容:「大分県産トマトとピーマンのカレー」や「うま塩団子汁」など大手食品メーカーの地産地消応援メニューを上記期間提供するほか、日替わりで県産食材を使用したメニューをランチバイキング(大人650円)で提供
    ③大分農業文化公園「おおいたベジフルフェスタ~スイーツ&イタリアン編~」
    期間:7月16日(土)~18日(月・祝)
    内容:大分県産食材を使ったデザートやパスタ等を期間中提供

  • (5)その他

    とよの食彩愛用店・直売所・県内飲食店等における地産地消キャンペーン
    (7/1(金)~7/31(日))
    期間中、幟を設置し普及啓発をするとともに、地産地消商品を提供
とよの食彩愛用店 2016年03月31日 09時26分05秒 カテゴリ:お知らせ | 0 コメント | 編集
タグ: / /
とよの食彩愛用店」をご存知ですか?
平成27年度 秋のおおいた地産地消キャンペーンについて 2015年11月18日 15時41分43秒 カテゴリ:地産地消イベント | 0 コメント | 編集
タグ:
地産地消キャンペーン(2015年11月)は終了しました。
次回をお楽しみに!!
地産地消

 県民が、県産の農林水産物に触れ、その背景にある自然、文化、農林水産業を意識する機会や食の大切さを見直す機会として、また、生産者と消費者が一体となり地産地消を進めるため、民間企業等と連携して11月の1ヶ月間、秋の「おおいた地産地消キャンペーン」を実施します。

1.実施主体

 大分県、JAグループ、大分県青果物卸売市場連合会、大分県青果小売商業協同組合連合会、ハウス食品(株)、カゴメ(株)、味の素(株)、量販店、とよの食彩愛用店、直売所等

2.実施期間

平成27年11月1日(日)~11月30日(月)

3.実施内容

(1)おおいた地産地消フェスタオープニングイベントの実施

ハウス食品(株)、カゴメ(株)、味の素(株)が県産農林水産物を使用した地産地消応援メニューの試食宣伝を実施するほか、ニラ、小ねぎ、みつばの無料配布や地産地消川柳展の表彰式を開催

主催:トキハインダストリー(株)
日時:平成27年11月7日(土)12:00~
場所:トキハインダストリーあけのアクロスタウン センターコート
参考:ハウス食品:大分県産白ねぎのぽかぽかシチュー
カゴメ:大分県産白ねぎと鱧のトマト鍋
味の素:大分県産味しみぶり大根
※上記のほか、県内量販店で大手食品メーカーが試食宣伝やレシピ配布を実施

(2)「次世代応援 地産地消商品開発コンテスト」発表会及び表彰式の開催

若年層への地産地消意識の醸成のため、県内高校生や大学生を対象に県産食材を活用した作品を募集するコンテストを実施し、入賞作品の発表会及び表彰式を開催

  • 日時:平成27年11月24日(火)16:00~
    場所:県庁舎本館4F第一応接室
    ※最優秀作品については、県内ファミリーマートで平成28年3月に1ヶ月間販売予定 

(3)「おおいた豊後牛を買って食べて当てようキャンペーン」

  • 応募期間:11月1日(日)~11月30日(月)12/3消印有効
    内  容:おおいた豊後牛取扱認定店でおおいた豊後牛を購入するか、その料理を食べて、シール若しくは飲食店・旅館のスタンプを葉書に張付け・押印し応募。抽選でペア宿泊券や「豊味いの証」を進呈

4.その他の取り組み

(1)県産農林水産物の消費拡大の取り組み

  • ①県産豚肉の消費拡大
    学校給食で県産豚肉を使用する場合、その経費の一部を助成するとともに広報宣伝を充実させ消費拡大を推進(主催:大分県豚肉協会)
  • ②しいたけの消費拡大PRイベントの実施
    11月17日(火)にトキハインダストリーあけのアクロスタウンで生しいたけの品評会及び即売会を実施するほか、11月21日(土)に「道の駅童話の里くす」において乾しいたけの試食及びPRチラシ・レシピを配布
  • ③かぼすブリ販売開始PRイベント
    日時:平成27年11月1日(日)10:30~
    場所:おさかなランドわさだ店(トキハわさだタウン店内)
    内容:かぼすブリの刺身の無料試食を実施

(2)民間企業やNPO等と連携した地産地消イベントの実施

企画提案競技による委託により、民間企業のノウハウを活用した地産地消イベントを実施

  • ①「大分県秋の地産地消キャンペーン チキスタ!」
    日時:平成27年10月31日(土)~11月1日(日)
    場所:大分いこいの道(ホルトホール前)
    16店舗が出店し県産食材を使用した「大葉と赤採りトマトのカレー」や「ピリ辛手羽唐揚げ」などを提供する。大分県が「唐辛子生産量全国2位」であることを周知するとともに、各店舗が唐辛子を使った県産食材のアレンジ料理を1品提供する。
    主催:B-グル大分 ※おおいたマルシェと共催
  • ②「オーガニックフェスタ inおおいた2015」
    日時:平成27年12月5日(土)10:00~15:00
    場所:大分いこいの道(ホルトホール前)
    有機農産物及び加工食品の販売、ワークショップ等の実施
    主催:NPO法人おおいた有機農業研究会

(3)その他の地産地消の取り組み

  • とよの食彩愛用店・直売所・県内飲食店等における地産地消キャンペーン(11/1(日)~11/30(月))
    幟を設置し普及啓発をするとともに、地産地消商品を提供
  • ②大分市公設卸売場市場での取り組み
    日時:平成27年11月14日(土)10:00~13:00
    内容:一般県民を対象に「白ねぎのぽかぽかシチュー」(ハウス食品(株)・JAグループ協力)の試食宣伝を実施するとともに、同場内で大分県野菜・果実消費拡大推進協議会が親子野菜教室を実施
  • ③レストランぶんご(県庁舎新館13階)での食品メーカー地産地消応援メニューの提供
    機関:平成27年11月9日(月)~13日(金)
    内容:食品メーカー3社の地産地消応援メニューを提供
  • ④学校給食1日まるごと大分県
    各市町村教育委員会に協力を依頼し、11月の学校給食実施日のうち、任意の日を「学校給食1日まるごと大分県」の日とし、地元産又は県内産の活用率を100%とする取り組みを実施
  • ⑤農産物の旬入り宣言等の実施(於:大分市公設卸売市場)
    白ねぎ旬入り宣言  11月 2日(月)
  • 問い合わせ先
    農林水産部おおいたブランド推進課
    消費流通班 担当:木部
    電話:097-506-3626 内線3625
平成27年度 夏のおおいた地産地消キャンペーンについて 2015年06月30日 14時41分37秒 カテゴリ:地産地消イベント | 0 コメント | 編集
タグ: /
地産地消キャンペーン(2014年7月)は終了しました。
次回をお楽しみに!!
地産地消
民間企業やNPO等との連携強化や県民参加型キャンペーンの拡大等により、県民総ぐるみの運動にステップアップすることで、地産地消の活性化に繋げるとともに、大分県の代表的な夏秋野菜等の旬を迎える時期にキャンペーンを実施することで県産農林水産物の消費拡大を図る。

1.実施主体

大分県、ハウス食品(株)、JAグループ、大分県青果物卸売市場連合会、大分県青果小売商業協同組合連合会、市町村教育委員会、量販店・とよの食彩愛用店・直売所 等

2.実施期間

平成26年7月1日(火)~7月31日(木)

3.実施内容

(1) 大手食品メーカーと連携した県産夏秋野菜の消費推進

○量販店における試食宣伝(7/1~7/31)

県内量販店14社56店舗(予定)でハウス食品(株)・JAグループ等の協力を得て「ジュ~ジュ~つけつけカレー」の試食宣伝やレシピ配布を実施

 

(2)教育機関との連携による地産地消意識の醸成

  • ①学校給食地産地消夏野菜カレーの日等において県産夏野菜等の提供 (学校給食地産地消夏野菜カレーの日:7/14~7/18の間のいずれかの日)
    すべての市町村小中学校及び一部の県立学校において、県産夏野菜等を活用したカレーを提供
     
  • ②大手コンビニエンスストアとの協働による県産食材を活用した商品開発
    ○「次世代応援 地産地消商品開発コンテスト」の実施
    協働コンビニエンスストア:ローソン株式会社
    募集時期:7/7(月)~9/19(金)
    応募対象:大分県内の高校生、大学生、専門学校生
    募集部門:スイーツの部、ベーカリーの部、米飯の部(おにぎり、パックご飯)
    ※ 平成27年度JRデスティネーションキャンペーン開催を踏まえ、27年7月発売予定商品をあわせて募集
     
  • ③「地産地消川柳展」の実施
    地産地消や県産食材をテーマにした川柳を募集
    募集時期:7/7(月)~9/5(金)
    募集部門
    小学生以下の部
    中・高校生の部(26年度新設)
    一般の部
     

(3)大分市公設卸売市場や県庁レストランでの取り組み

  • ①レストランぶんご(県庁舎新館13階)での「県産野菜とおおいた冠地どりキーマカレーフェア」を開催
    期間:7月7日(月)~11日(金)
    内容:カレーコーナーを設置し、県産夏野菜素揚げをトッピングできるバイキング(大人650円)ス タ イ ルで提供
     
  • ②市民感謝デー(一般開放日)における試食宣伝
    日時:7月12日(土)9時~11時
    ※準備したカレーがなくなり次第終了
    場所:大分市公設卸売市場
    内容:一般市民を対象に「ジュ~ジュ~つけつけカレー」の試食宣伝を実施(ハウス食品(株)・JAグループ等協力)
  • ③ネバーランド(県庁舎別館9階)での「学校給食夏野菜カレーフェア」
    日時:7月22日(火)~25日(金) 11:45~
    内容:県内各地の特色ある学校給食で出されているカレー(500円)を提供
    県内農業系高校の生徒が作ったジャガイモ、玉ねぎ、トマトを使用
    (22日(火)ブリ 23日(水)イノシシ 24日(木)椎茸・地どり 25日(金)サフランキーマカレー)
     

(4)その他

とよの食彩愛用店・直売所・県内飲食店等における地産地消キャンペーン
(7/1(火)~7/31(木))
幟を設置し普及啓発をするとともに、地産地消商品を提供
 
夏の地産地消キャンペーン実施について 2013年06月28日 18時40分33秒 カテゴリ:地産地消イベント | 0 コメント | 編集
タグ:
地産地消
地産地消キャンペーン(7月)は終了しました。
次回をお楽しみに!!
7月の1か月間にわたり「夏の地産地消キャンペーン」を実施します。
今回のキャンペーンではハウス食品株式会社・JA全農おおいた県本部等の協力を得て、「地産地消夏野菜カレーキャンペーン」を展開するとともに、県内一円で地産地消のキャンペーンを実施し、地産地消を推進して県産農林水産物の消費拡大を図ります。

キャンペーン内容

県内量販店 店舗で「大分県産トマトとピーマンの夏野菜カレー」の試食宣伝やレシピ配布を実施

県内の市町村小中学校と一部の県立学校において、それぞれ「学校給食地産地消夏野菜カレーの日」を設定
実施日:7月16日~19日のいずれかの日

日時:7月13日(土)9時~11時 ※準備したカレーがなくなり次第終了
場所:大分市公設卸売市場
内容:「大分県産トマトとピーマンの夏野菜カレー」を約1,000食用意し、一般市民を
対象に試食宣伝を実施

日時:7月8日(月)~7月12日(金)
場所:県庁舎 新館13階 レストランぶんご
内容:バイキング(大人650円)形式のためカレーコーナーを設置
メニュー:素揚げした野菜をトッピングするカレー

とよの食彩愛用店等において、地産地消キャンペーン期間中、県産夏野菜を使用したオリジナルのカレー料理を提供する「地産地消夏野菜カレーキャンペーン」を展開

それぞれの店で工夫を凝らした地産地消メニュー考案など独自の取組で、地産地消キャンペーンを展開
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0