トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店
おおいた冠地どり! 2016年04月25日 16:00 カテゴリ:畜産 | | 編集
タグ: / / /
今回は、「おおいた冠地どり」をご紹介!

  

「おおいた冠地どり」は、大分県畜産試験場が4年の歳月をかけて誕生させた大分県のブランド地鶏。

日本国内初となった烏骨鶏を交配しており、毛冠のとさか、あご髭(ひげ) など、烏骨鶏の特長を受け継いでいるので、冠地どり(かんむりじどり)と名付けられました。

県内では、別府市と豊後高田市に飼育場があり、処理場で加工された製品が、福岡県や熊本県、遠くは東京まで出荷されています。味は、鶏肉の旨味成分であるイノシン酸含有量が高く、一般的な若鶏肉の約1.7倍といわれています。

肉質もほどよく柔らかいのが特徴で、コンセプトの一つとして「家庭で味わう、こだわりの地どり」を掲げるだけに、国内の他の地鶏に比べると、値段もかなりリーズナブルです。

  


また、鶏肉料理といえば「(とよ)のしゃも」もおすすめです。こちらは脂肪が少なく締まりがある肉質が特徴で、シャモ独特のコクと旨味があります。


詳細は旬日記で↓↓↓
https://theoita.com/syundiary/stockraising/item_1239.html

あわせて読みたい

Facebookでコメントを書く

  • 「The・おおいた」ロゴマークの使用について
  • 「ベリーツ」ロゴマークの使用について
Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0