味よし、香りよし、見た目よし、かぼすブリ!!

おおいた旬日記, 水産
味よし、香りよし、見た目よし、かぼすブリ!!

朝夕だけでなく、日中も寒くなってきましたね!
今回は、大分特産のカボスを餌に加えたかぼすブリ!ステキなイベント情報とともにご紹介します。

 

 

成長するにつれて呼び名が変わる“出世魚”で、縁起ものとしてお祝い事にも欠かせないブリ。
大分県ではブリの養殖が盛んで、特に臼杵市や津久見市、佐伯市で生産されるブリは豊後水道の恵まれた環境で育てられ、身がしまって脂のりがよいといわれています。

 

そのブリの餌に大分県産カボスを混ぜて育てると、“味よし(さっぱりとした味わい)”“香りよし(ほのかなカボスの香り)”“見た目よし(鮮やかな血合い)”と三拍子揃ったかぼすブリとなります!

 

今年もかぼすブリの旬の時期となりました。大分県漁業協同組合では11月から本格的に販売開始します。
11月1日(日)10:30より、トキハわさだタウンのJFおおいた本店おさかなランドで、販売開始PRとして刺身の試食を行いますよ~!

 

これから、スーパー等でかぼすブリを見かけることが多くなると思います。
ぜひ、お手にとってご賞味ください。