大分県産高糖度かんしょ「甘太くん」初出荷式を開催

イベント・お知らせ, おおいた旬日記, 野菜
大分県産高糖度かんしょ「甘太くん」初出荷式を開催

大分県内外で高く評価され、今後も拡大が注目されている「The・おおいた」ブランドの高糖度かんしょ「甘太くん」の初出荷式が、令和元年11月20日(水)に大分市公設地方卸売市場で行われました。
初出荷式には、多くのメディアと市場関係者が参加され、「甘太くん」焼き芋も振る舞われました。

 

JAおおいた「甘太くん」部会の佐藤勇夫部会長(写真中央)は、「甘太くんは、生産者が丹精込めて育てた、ねっとり、しっとり甘い芋で、子どもから大人まで多くの皆さんに味わって頂きたい。」と話されました。
また、JAおおいた「甘太くん」部会青年部の後藤謙治部会長(写真左から2番目)は、「近年、SNSの普及で関東や東北からも問い合わせがあるため、需要に応えられるように生産に励みたい。」と語っていました。

 

本年産の甘太くんは、夏場の天候不順の影響により生育が心配されましたが、やや小ぶり傾向ながらも糖度は十分であり、品質は良好で例年どおりの良い仕上がりとのことです。初セリ価格も例年どおりの価格となり、市場の期待も高まっています。

甘太くんは、大分県内を中心に、関西・九州地区で来年3月下旬頃まで出荷されます。

また、本年産も大分県内を初め九州内のローソンでも「甘太くん」の焼き芋が販売されます。
甘く、香り高い「甘太くん」を、ぜひご賞味下さい!

 

○甘太くんの基準・定義
①大分県産の特定品種であり、品種名は「紅はるか」。甘太くん生産者全戸がウイルスフリー苗を使用。
②収穫後、一定の条件下で40日以上貯蔵したもの。
③糖度調査を実施し、品質チェックを行った圃場のもの。
④系統共販出荷のもの。 *「甘太くん」は全農おおいたの登録商標。