『赤採りトマト』を召し上がれ

おおいた旬日記, 野菜
『赤採りトマト』を召し上がれ

『赤採りトマト』は、生産者の「美味しいトマトを届けたい」という思いから生まれました。
赤採りトマトの一番の特徴は樹の上で赤く色付いた状態で収穫すること。

トマト本来の、甘くてみずみずしい食感を味わうことができます。

『赤採りトマト』は大分のオリジナル商品として平成21年から本格的な出荷がスタートしました。

その後、九州をはじめ関西や関東への出荷量を伸ばし、平成28年度には430tを超えました。

夏秋期は竹田市や九重町などの冷涼な高原地域で、また冬春は臼杵市などの温暖な沿岸地域でリレー栽培しており、一年を通じて販売しています。

トマトは赤く色付くと、傷が付きやすくなったり、割れやすくなったりするため、栽培や収穫、出荷の段階で、とても繊細な作業を伴います。

また、品質を保つために、独自の収穫基準を設けるとともに、収穫後の温度管理からパック詰め、輸送中の温度管理を徹底しています。

このような厳しい条件をクリアした『赤採りトマト』は、通常のトマトと比較して、旨み成分のグルタミン酸が約2倍、抗酸化作用に優れた赤い色素のリコピンは約4.8倍と豊富に含まれ、美味しさと栄養を両立したトマトです。

そのまま食べても、もちろん美味しいですし、炒めものなどの料理に使っても美味しくいただけます。

しゅんくる(赤採りトマト)にレシピが載っていますので是非ご覧ください。

『赤採りトマト』はイオンやマックスバリューなどでお買い求めできます。

生産者のこだわりが生んだ『赤採りトマト』、店頭で見かけたら、是非一度お試しください!