自分で釣って楽しもう! 大分ブランド魚「マダイ」

おおいた旬日記, 水産
自分で釣って楽しもう! 大分ブランド魚「マダイ」

大分ブランド魚である「マダイ」。みなさんはどのように食べていますか?
スーパーで買うことが多く、なかなか新鮮ピチピチの状態を食べる機会が少ない…という方も多いのでは。

主な産地は佐伯市で、本格的なマダイ釣りの漁法は水深90mまで釣り糸を垂らして素手でたぐり寄せる「一本釣り」ですが、もっと気軽に素人でも釣ることのできる釣り場が津久見にあります。

津久見市内から約30分ほどの、リアス式海岸特有の入り組んだ海岸線と天然の入り江に恵まれた四浦半島に位置する「津久見市仙水遊漁センター」では、マダイのほかアジやブリを釣ることができ、なんと自分で釣った魚をその場で食べることができるんです。さっきまで泳いでいた魚をすぐに食べれるなんて…(^◇^)

釣り道具も貸してくれるし、初めてでもセンターの方が丁寧に釣り方を教えてくれるので、親子や友達でワイワイ楽しみながらやれそうです。お出かけついでに地元の人に「マダイ」のおいしいレシピなんか聞いて、お話をしてみるのもいいかもしれませんね! ぜひこの夏休みを利用して出かけてみてください☆

The・おおいたHPで詳しく紹介しています → イチオシ産品「マダイ」