トップページおおいた旬日記産品紹介とよの食彩愛用店

スイカ

日田のすいかは昭和30年~40年代に取り組まれた台地開発により銘柄産地化を図り、県内で一番の生産量を誇っている。豊富な地下水と昼夜の気温差が糖度の高いすいか作りに最適。安全性から残留農薬検査を定期的に行い、生産履歴を表示するなど部会では品質の向上と消費者に安心な産品づくりに努めている。


Copy right all rights reserved. since 2011 大分県農林水産部おおいたブランド推進課 Ver2.0