輪ギク

輪ギク

大分県内の輪ギクは、県南の佐伯市や国東半島の杵築市・国東市など平坦部から、標高の高い九重町などで栽培されている。佐伯市のキク生産は、蒲江地域の輪ギクを中心に約20haで栽培されている。また、平成15年には1.6haの施設園芸団地の完成により産地拡大と周年出荷体制も強化され、近年では新規参入者や農業後継者も増えている。