ピーマン

野菜

ピーマン

大分県におけるピーマン生産は昭和45年頃から露地栽培で始まり、昭和50年頃より導入された雨除け栽培により作柄の安定が図られた。大分県の夏秋ピーマンは西日本最大の産地(全国3位)で、減農薬栽培への取り組みなど品質の向上に努めている。肉厚で柔らかく、緑色が濃いのが特徴。
豊富に含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくく、カロテンやビタミンE、カリウムなども含まれているので、夏場の栄養補給に重要な野菜である。

【農家さん家のおすすめレシピ】

○ピーマンの塩こんぶ和え

ピーマン:3個   塩昆布:大さじ3
すりゴマ:適量   カボス:お好みで
①ピーマンを細切りにする。縦に切ると苦みが少ない。
(炒めたり少し茹でると苦みが少なくなる)
②①を塩昆布で和える。
③仕上げに、ゴマやお好みでカボスを絞るのが大分風。

○ナスとピーマンの味噌炒め

メモ:大分の方言で、「おらんだ」または「こねり」といいます

なす:2本   ピーマン:5個
豚肉:150g   にんにくみじん切り:少々
調味料:
豆板醤:大さじ1 味噌:大さじ2
酒:大さじ2   ごま油:適量
①なすを短冊切りにして水にさらし、あくを抜く。
②種を取ったピーマンをやや大きめに切る。
③フライパンにごま油をひき、ニンニクを炒める。
④豚肉を加え、火がとおったら、なすとピーマンを入れ、さっと炒める。
⑤予め混ぜておりた調味料を加えてできあがり。