養殖クロマグロ

養殖クロマグロ

きれいな潮流が行き交う豊後水道の沖合養殖漁場において、育成された最高級クロマグロです。
世界的に天然クロマグロ資源の枯渇が危惧される昨今、人工種苗など新たな先端技術を活用して安定した養殖生産を実現しています。
餌には、地元大分で漁獲された新鮮なサバなどが多く使われ、品質の向上に繋がっています。
マグロが養殖される場所として、大分県は北の方に位置するため、成長に時間がかかる一方、きめの細かい脂がのります。特にトロは濃厚な脂のうまみを堪能する事ができます。
赤身にも「さし」が十分に入り、うま味と酸味のハーモニーが抜群です。出荷時期は周年、出荷サイズ40kg~80kgで出荷されています。