マアジ・マサバ

水産

マアジ・マサバ

豊後水道の恵みで育ったアアジ、マサバは身が引き締まり、ほどよく脂がまわり、おいしさが引き立つ。まき網で漁獲されたマアジ、マサバは、漁獲後にちょうちん篭と呼ばれる巾着状の網で活かしたまま、港近くまで運ばれ、1日以上畜養して休ませた後に海水氷で魚体内部まで冷やしてから出荷される。

鮮度に配慮した出荷方法により、全国各地への出荷を可能にしている。また、最近では、若い漁業者を中心として、将来につながる水産を目指し、資源管理への取組も行われている。