関あじ・関さば

水産

関あじ・関さば

速吸の瀬戸の荒波で一本釣りにこだわる関の漁師「関もの」と呼ばれ古くから珍重されてきた佐賀関(大分市)の魚「関あじ・関さば」。その名を全国に轟かせている。豊かな海の恵みで育った魚を大切に釣るために伝承されてきたのが「一本釣り」である。一尾一尾丁寧に長年の勘と技術を持って釣り上げる。

まさに海の男達の心意気そのものである。今日もまた、連呼の荒波の上で漁師たちの心と技が冴え渡る。