乾しいたけ

きのこ

乾しいたけ

幸せギュッと!乾しいたけ

大分県産乾しいたけは、質・量ともに日本一!
クヌギ原木を使用して作られているため、風味豊かで肉厚なしいたけが自慢です。
たっぷりの”うまみ”とたっぷりの”栄養”が詰まっています。

大分乾しいたけのヒミツやレシピ、新着情報はコチラ
 (リンク先:大分県椎茸振興協議会ホームページ

●大分県産乾しいたけ新ブランド「うまみだけ」の情報はコチラ
 (リンク先:うまみだけホームページ

 

 

世界で認められた先人たちの知恵

国東半島は古くから水の確保が困難な地域で、稲作を補完するため、

周囲の山に豊富にあるクヌギを活用した原木しいたけの栽培が盛んに行われてきました。

クヌギはホダ木に最適で、肉厚で品質の良いしいたけを栽培することができます。

さらに、使い終わったホダ木は、腐食してミネラル豊富な土へと還り、山に保水層を形成。

保水層でかん養された雨水は有機物や栄養塩を含んだ地下水となり、周囲のため池の水質浄化や

農業用水の供給・治水へとつながっています。

このような、地域資源を活用した循環型システムが、国際連合食糧農業機関(FAO)から高く評価され、

平成25年5月、国東半島・宇佐地域が「世界農業遺産」に認定されました。

原木しいたけの栽培・乾燥だけでなく、クヌギの育林からホダ木作りも一貫して手掛けた

「純・国東産」の安全で安心な乾しいたけが消費者へと届けられています。

主な産地

大分県内全域(姫島を除く)

出荷時期

周年

乾しいたけについて、詳しくは「しゅんくる(PDFファイル)」をご覧ください