ヒオウギガイ

水産

ヒオウギガイ

佐伯市蒲江で養殖され、形は殻、身ともにホタテによく似ているが、なんといっても特徴は殻が赤、紫、黄色と色鮮やかなことである。貝柱はホタテと比べると小ぶりだが、甘みはホタテに勝るともいわれる。

炭火焼や刺身などにして食べられ、濃厚な旨味とともに色鮮やかな殻は目を楽しませてくれる。